読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索窓から世界を覗く

検索エンジン好きなド素人です。検索エンジンを通して気づいたことを、つらつら自分のアウトプットも兼ねて書いていきます。

SEOにおける内部リンクとは?目的や方法を整理してみた

「内部リンク」とは、その名の通り同一ドメインのサイトに張り巡らせたリンクのことです。「SEO的な観点で見たときにどう重要なんだっけ」ということや「どのようにすれば良いのか」ということを整理してみたいと思います。

 

 

 

改めて「内部リンク」とは?

同一ドメイン内に張り巡らせたリンク、つまり<a href="hogehoge">hogehoge</a>でマークアップされたリンクのことです。

 

ちなみに、ドメインを跨いだリンクは「外部リンク」と呼び、「被リンク」と言う方が多いでしょうか。例えば【A】というサイトから【B】というサイトにリンクを張った場合は「【B】は【A】から被リンクをもらった」ということになります。

 

内部リンクと外部リンクの一番の違いは「誰がリンクを張ったか」です。つまり、リンクがコントロール可能であるか否かです。

 

SEO的な観点での内部リンクとは?

シンプルな答えとしては、「クローラビリティを良くするため」でしょうか。クローラビリティとは、そのままの意味で「クロールのし易さ」で、主語は「クローラーGoogle Bot)」になります。

 

前段から説明すると、Chromeの検索結果に表示されるまでには、1.クロール→2.インデックス→3.クエリープロセスの3つがあります。

 

それぞれ簡単に言ってしまえば、

 

  1. クロール:Google Botがサイト内を巡回し、情報を収集する
  2. インデックス:クロールした情報を後で処理しやすいようにインデクサという情報の倉庫に格納する
  3. クエリープロセス:ユーザーの検索キーワードに対して最適なページを、独自のアルゴリズムに沿ってランキング形式で検索結果に表示させる

 

 です。

 

少し遠回りましたが、何を言いたいかと言うと「そもそもクローラーが回ってきてくれないと、検索結果に表示されるチャンスすら無い」ということです。

 

また、クローラーはサイトに訪問をした際に、そのまますぐに帰ってしまうのではなく、サイト内のリンク(≒内部リンク)を辿って他のページの情報収集をしてくれようとします。その際に、なるべく情報収集をしてもらえるようにするため、つまりクローラーがサイト内を気持ちよく巡回してもらえるように「クローラビリティを良くする」必要があるのです。

 

クローラビリティを良くするためには?

クローラーがサイト内を気持ちよく巡回してもらえるようにする」ことです。これだと、「勉強すれば東大受かるよ」と同義ですね。クローラビリティを良くするために押さえるべきポイントは3つあると思います。それぞれを整理していきます。

 

クローラーはロボットであることを意識する

つまり、人間ではありません。当たり前のことですが、この点を意識するだけでもぐっと理解が深まるのでは無いかと思います。人間に向かい合うことと同様にロボットにも向き合う意識が大事です。

 

その前提で、手法としては、

  1. リンクは静的にする
  2. アンカーテキストはリンク先ページの内容が分かるようにする
  3. ページネーションのリンクをマークアップする

の2つがあります。

 

1.リンクは静的にする

端的に「<a href="hogehoge">hogehoge</a>」となるようにしましょう。静的でないリンクトとは「?ref=」等のようにパラメータを持っているURLのことです。パラメータが複数付いていてもクローラビリティを損なうケースは減っているようですが、ロボットを思いやって可能な限りパラメータ無しのURLとしましょう。

 

2.アンカーテキストはリンク先ページの内容が分かるようにする

ロボットにとって、アンカーテキストは言わば「リンク先ページの要約」です。ロボットは「このページは何であるか」が人間と同様に分かるわけではありません。そのため、少しでも「このページは何であるか」を伝えるためにもアンカーテキストで、リンク先ページの内容を伝える努力をしましょう。

 

 3.ページネーションのリンクを設定する

人間であれば「今何ページ目にいる」等は容易に分かりますが、ロボットはそうではありません。そのため、<link rel = "prev/next">のマークアップを用いて、ロボットに対してページの前後関係を伝えるようにしてあげましょう。詳細は海外SEO情報ブログをご覧ください。

※Bodyタグに入れてしまったり、canonicalを全て1ページ目にしてしまったりしないようにお気を付けください。

www.suzukikenichi.com

 

以上がクローラビリティを良くするための1つ目のポイントでした。続いて2つ目のポイントに移りたいと思います。

 

クローラーの好物は構造

まんまです。これは人間とロボットの共通項ではないでしょうか。例えば、ジャケットを買おうとアパレル系のECサイトを訪れた際に、 下着のカテゴリの中にジャケットがあったら、混乱というよりもそもそも見つけることすらできないですよね。どのように構造をロボットに伝えていくかを2つ整理しました。

  1. サイトマップを作る
  2. パンくずを設ける

 

1.サイトマップを作る

サイトの全体構造を理解する際には、人間と同様ロボットにとってもサイトマップは有効です。構造的に整理されているという観点でリンク集とは異なります。例えば、楽天トラベル等のサイトマップは参考になるかと思います。

travel.rakuten.co.jp

 

2.パンくずを設ける

「そもそもパンくずとは?」という方には百聞は一見に如かず、これです。

f:id:kokkokoou:20170310004851p:plain

f:id:kokkokoou:20170310005159p:plain

パンくずはサイトマップと同様、構造をロボットに伝える際に、非常に有用な手段です。

 

例えば、上記の「食べログ」のパンくずであれば、パンくずがあることで、ロボットは「全国に店舗を構える二郎の中でも目黒にある二郎で、目黒というのは東京にある地名のことで、二郎はラーメンである」ということが分かるのです。

 

また、パンくずの構造を強化するため(≒よりロボットが理解できるように)「構造化マークアップ」というものも準備がされています。こちらもページネーションのマークアップと同様、詳細は海外SEO情報ブログをご覧ください。

www.suzukikenichi.com

 

以上2つ目のポイントでした。いよいよ最後の3つ目のポイントです。

 

サイト内のページの重要性を伝える

通常サイトはトップページを起点としてピラミッド構造になり、上記のパンくず等により、浅い階層に内部リンクが集まります。上述のようにクローラーはリンクを辿って情報収集を行うため、結果として浅い階層にクローラーがよく巡回してくるのです。ただ、必ずしも「浅い階層=クローラーに巡回してほしいページ」とは限りません。そこで、「このページに巡回してほしい!」というウェブマスター側の意思を伝えるための工夫が必要です。

 

具体的には、

  1. グローバルナビゲーションの設置
  2. ローカルナビゲーションの設置
  3. フッターリンクの設置
  4. (メディアであれば)新着記事の欄を設置

 

 1.グローバルナビゲーションの設置

まず、グローバルナビゲーションとはこれです。ページ上部で見かけるリンクのことです。

f:id:kokkokoou:20170310011617p:plain

クローラーはページを巡回し、情報収集を行う際に、HTMLファイルの上部から優先的に閲覧をします。そのため「ウェブマスターとして巡回してほしいページ=HTMLファイルの上部にリンクを記述するページ」となる訳です。そういった意味で、グローバルナビゲーションは、サイトの中でも重要なページへのリンクを設置するのが良いでしょう。

 

2.ローカルナビゲーションの設置

ローカルナビゲーションはこれです。所謂、親リンク・兄弟リンク・子リンクと呼ばれるものです。

f:id:kokkokoou:20170310012048p:plain

 

3.フッターリンクの設置

フッターリンクはこれです。

f:id:kokkokoou:20170310012337p:plain

HTMLファイルの下部に記述させるため、SEO的には重要度の低いが、サイトとして必須な情報、例えば運営者情報やお問い合わせ等のリンクが張られています。

 

また、こちらの例の場合、「人気のタグ」という欄を設け、優先的にクローラーを巡回させたいページをタグとして掲載しています。

 

4.(メディアであれば)新着記事の欄を設置

多くのメディアでは、トップページに「新着記事」と欄が設けられていることを不思議に思ったことはありませんか。理由としては、浅い階層であればクローラーが頻繁に巡回してくれる、つまりトップページにクローラーが頻繁に巡回してくるため、そのトップページのHTMLファイルの上部に、リリースしたての新着記事を掲載し、インデックスを促進しようとしているのです。

 

まとめ

以上でした。まとめると

 

でした。

その他にもクローラビリティを上げる工夫としては、パブサブハバブの導入等があります。最近では、リンクを並べすぎると、途中から認識されなくなったりと、ロボットもどんどん賢くなっていっています。しかし、まだまだ人間には到底及びません。人間ファースト、ユーザー本位であることを前提としたうえで、ロボットにも伝える努力が必須なのです。