検索窓から世界を覗く

検索エンジン好きなド素人です。検索エンジンを通して気づいたことを、つらつら自分のアウトプットも兼ねて書いていきます。

SEO業務で重宝する!便利なChrome拡張機能ツール8選

f:id:kokkokoou:20170302012000p:plain

  

SEO業務は、titleやmeta description、見出しタグのマークアップを確認するためにソースコードを開いたり、 競合サイトの状況確認、流行りのコンテンツの確認等、様々な業務が必要となります。今回はそんなSEO業務に役立つこと間違い無しの便利なGoogle拡張機能ツールを8つご紹介します!

 

 

 

1.meta titleとURLを楽々取得!Export Tabs

chrome.google.com

ポチっと押すだけで!ウィンドウで開いているページのmeta titleとURLを取得してくれます。これでいちいちソースを見る手間を省くことができ、便利ですね!

 

2.デスクトップでモバイルページが見れる!FireMobileSimulator

chrome.google.com

モバイルページを確認するためにいちいちスマホでページを開くのは非常に面倒ですよね。そこで便利なのがこのFireMobileSimulator。ユーザーエージェントを偽装することでデスクトップでもモバイルページを見ることができます。加えて、端末も細かく指定できる優れもの。

 

3.記事のバズり具合をチェック!はてなブックマーク

chrome.google.com

どんなコンテンツを作成すればバズるのか、は誰もが知りたいこと。そこで役立つのがはてなブックマークGoogle拡張機能検索結果画面でそのページのはてブ数を確認できると同時に、コメントもチェックすることができます。コメントから「この記事がなぜはてブが集まっているのか」を考え、良いコンテンツ作りに活かしましょう!

 

4.その場で素早くセッション数を確認!Page Analytics

chrome.google.com

これは最早定番でしょうか。閲覧しているページでさくっとセッション数やその他指標を確認できるPage Analytics。なんといってもヒートマップでページ内のCTRが確認できてしまうのが凄いところ。

 

5.ページのcanonical先がすぐ分かる!canonical

Canonical - Chrome ウェブストア

現在、閲覧しているページの正規URLが何であるかを確認するときに便利です。具体的には、現在、閲覧しているページが正規URLのページでない場合、canonicalのアイコンが青くなり、そのアイコンを押すことで正規URLへと遷移することができるのです。

 

6.ページ全体をキャプチャできる!Capture page

chrome.google.com

SEO業務に留まらず、ページ全体をキャプチャできるのはとっても便利です。もちろん、見えている部分だけのキャプチャも可能。エンジニアやデザイナーへマークアップ等の要件定義書を作成するときに活用しています。

 

7.サイトのドメインの強さが分かる!Moz bar

chrome.google.com

米国の有名SEO企業・Mozが提供するMoz barです。できることとしては、「DA(Dmain Authority)という指標でサイトの強さがざっくり分かる」ことです。DAは1~100でランク付けされ、被リンクが集まっていればいるほど、DAの数値は大きくなります。例えば、Googleなら100、このはてブロなら87といった具合です。

 

8.検索結果に番号を振る!Stylish

chrome.google.com

百聞は一見に如かず、こんな感じです。

f:id:kokkokoou:20170302005342p:plain

いちいちカウントしなくて済み楽なのですが、サイトリンクがある場合、そのサイトリンクにも番号が割り振られてしまうという難点が。

 

まとめ

 個人的なベストはCapture pageでしたが、みなさんはいかがですか。この他にも便利なGoogle拡張機能ツールがあれば、ぜひ教えてください!今度は便利なブラウザ上で使えるツールでもまとめてみたいと思います。